印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2018-02-24

2019 セーフティーバスシール(大) 2つ星.pdfあいおい観光バス有限会社
  |貸切・観光バス | 兵庫県相生市|
Aioi kanko bus|CHARTER BUS SERVICE|Aioi,Hyogo

マルーントラベル株式会社
|旅行企画手配|tailor made tours|travel agent|

平成28年度.png

運輸安全マネジメント 基本方針

   当社は、輸送の安全確保が御客様の最大の顧客満足、事業経営の根幹であることを深く認識し、
   代表取締役社長が中心となり、社内における輸送の安全の確保に主導的な役割をはたします。
   現場運転士とのコミュニケーションをとり、現場の状況を十分に把握し、全運転士、社員に
   対して安全の確保が最優先であると指導・徹底します。
   また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。

安全方針 
○1、安全は全てにおいて優先する
○2、安全運転はバス運転士の社会的使命
○3、全社員が一丸となり、絶えず輸送の安全性の向上を目指す
○4、輸送の安全に関する情報については積極的に公表する


平成28年度 安全目標

○人身事故件数・重大事故ゼロ
○飲酒運転・速度超過ゼロ
○違反件数ゼロ
○車間距離を十分に確保し、追突事故件数ゼロ

    重大事故・・・(道路運送法 自動車事故報告規則第2条に規定する事故)

   =======================================
     *道路運送法 自動車事故報告規則第2条とは
      1、自動車が転覆し、転落、火災(積載物品の火災を含む)を起こし、
        又は踏切において鉄道車両と衝突し、若しくは接触したもの      

      2、死者又は重傷者を生じたもの      

      3、操縦装置,乗降口の扉を開閉する操作装置の不適切な操作により、
        旅客に自動車損害賠償保障法施行令第5条第4号に掲げる傷害が生じたもの            

      4、,舵取り装置、制動装置、車枠、車軸、車輪(タイヤを除く)
        又はシャシばね破損又は脱落により、自動車が運行できなくなったもの
    =======================================

平成28年度  安全目標を達成するための普段からの行動目標

 ①後退時事故件数ゼロ
   ・安全を確認しにくい場合、降りて安全を確認する。
 ②違反件数ゼロ
   ・特に人身事故は、なんらかの違反を犯して発生していることを考える。
 ③車間距離を十分に確保する。
   ・十分な車間距離を確保し、前車の動きをゆとりをもって確認、追突事故を回避する。

 ④全事故件数前年比半減 
   ・昨年の結果の反省やヒヤリハット、危険個所の共有をし、半減をめざす。


平成28年度  輸送の安全に関する計画 

  ・月別スローガンの制定をし安全意識を高める。
    月別にその月独特の危険を予測し、月別のスローガンを作成し、取り組む

    年間スローガン『安全運行はゆとり意識で変わる!』


     4月 新入生が多い季節。自転車の巻き込み防衛運転の徹底・春の交通安全運動
        ○交差点や生活道路では特に学生の動向に注意する。
        ○自転車左折時の巻き込み確認の徹底

     5月 大型連休での渋滞、追突事故に注意しよう!・交差点での歩行者注意!
        ○早めのブレーキ
        ○速度・距離にゆとりをもって運転する

     6月 梅雨時期の視界不良に注意・雨の日は4倍危険を意識
        ○ワイパー拭き取り能力チェック強化
        ○スリップしやすい道路状況を理解する
        ○早めのライト点灯をする(17:30点灯運動)

     7月 目視確認で安全と暑さ飛ばす自身の意識向上夏季前クーラー設備総点検
        ○『安全運行はサービスのすべて』快適さもお客様のイライラ軽減、
         ゆとり行動へつながる。運転士自身も快適な環境こそ安全に運転できる。
        ○フィルター関連の清掃を1週間に一度する

     8月 意識もうろう回避!健康管理の徹底/追突事故に注意!
        ○自分自身の健康を把握し、こまめに水分補給
        ○クーラー設備の点検の徹底

     9月 夕暮れ時の事故を防ぐ!早めのライト点灯・シーズン前の車両総点検で事故・故障を事前に減らす!
        ○各油量のチェック・ベルト関連のチェック強化

    10月 秋の交通安全運動・夜間横断歩行者に注意しよう!
        ○早めのライト点灯 (17:00点灯運動)

    11月 シーズン!観光地SAでの旅行者の動向に注意する!わき見・漫然運転防止
        ○観光地・特にSAでの旅行者は周りを見ていない人が多い。動きに十分注意して走行する。

    12月 年末にむけて交通量が多く、急いでいる車両が多い/危険な運転週間改善
        ○プロ運転士として同じように急ぐ必要はない。余裕を持ち運行
        ○高速トンネル内左側走行車線の走行運動

     1月 冬季シーズン無事故・無違反の意識/冬季タイヤチェックとチェーンのチェック
        ○スタッドレスタイヤの状況を十分にチェックする
        ○道路状況を把握し、早めのチェーン取り付け

     2月 異常気象や夕暮れが早いので、歩行者や対向車を見失わない運行/雪道凍結注意
        ○早めのライト点灯(16:30点灯運動)
        ○行先の天候の情報を早めに収集する

     3月 初心運転者の車も多くなる時期。周りの車両にゆずる運動/完全停止を励行!
        ○バスの運転士は譲ってくれるという意識を初心運転者は持っているので、
         譲る心を持つ。譲り運転を行う



    安全教育

     交通安全講習会 4月/9月
     4月内容
       ①事業用自動車を運転する場合の心構え
       ②事業用自動車の運行の安全及び旅客の安全を確保するために遵守するべき事項
       ③事業用自動車の構造上の特性
       ④乗車中の旅客の安全を確保するために留意すべき事項
       ⑤旅客が乗降するときの安全を確保するために留意すべき事項
       ⑥運行経路における道路及び交通状況

     9月内容
       ⑧運転適性に応じた安全運転  
       ⑨交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因とこれらへの対処方法
       ⑩健康管理の重要性
       ⑪異常気象における対処方法
       ⑫非常用信号用具、非常口、消火器の取扱


     6月/9月/12月
      ヒヤリハット情報の共有会議
      危険予知のトレーニング・情報交換会 
      ⑦危険の予測及び回避

     外部安全講習
      ○日野自動車の特性講習(1月研修旅行時に神戸日野自動車姫路より次長より)
      ○クレフィール湖東での安全講習(1泊2日) 新人雇用時
       既存運転士は全員受講済み


     28年度内適性診断受診予定者

      一般適性診断 2名
        適齢診断 1名


     新人乗務員訓練(新たに雇い入れた場合)
      適性診断『初任講習』の受診
      自社バスにて代表取締役社長及び運行管理者添乗研修
      座学6時間以上

     兵庫県バス協会推奨『クレフィール湖東』での1泊2日講習及び実車研修

=========================================
■結果

   平成28年度 安全目標の結果

    ○人身事故件数・重大事故ゼロ
     →目標達成ゼロ
    ○飲酒運転・速度超過ゼロ
     →目標達成・飲酒運転ゼロ
     →速度超過ゼロ不達成(社内規定違反 1件)
      社内規定違反:デジタルタコグラフで105km以上を10秒以上
      状況:長い下りの高速道路でスピードが出てしまった。メーターを見ていなかった。
      違反報告書の提出と今後の対策ずみ
      排気ブレーキを上手く使用し、下りでも速度が出過ぎないようにメーターを確認し、
      早めの減速を習慣づける。

    ○違反件数ゼロ
     →目標達成ゼロ
    ○車間距離を十分に確保し、追突事故件数ゼロ
     →目標達成ゼロ

       
   事故に関する統計

     平成28年度  事故件数 

     自動車事故報告規則第2条に規定する事故   
     平成28年度 0件 

     上記以外の有責人身事故           
     平成28年度 0件

     上記以外の有責物損事故
     平成28年度 1件
     →道路から研修施設の工場へ入ろうとした時に段差が激しく、
     バスの下部と門のスライドレールが接触。
     レールが破損、バス下部が少し損傷。